お知らせ

【 SBI子ども希望財団 】

6/11子ども虐待防止フォーラムについて[ 2011年6月22日 10:55 ] 新着 : from SBI子ども希望財団

公益財団法人SBI子ども希望財団は、児童虐待防止啓発活動の一環として、6月11日に日本医師会との共催による『子ども虐待防止フォーラム~ゼロ歳児からの子ども虐待防止を目指して~』を浜松市にて開催いたしました。一般市民等約250名もの方々にご参集いただき、大変盛況なフォーラムになりました。

寺尾俊彦氏(日本産婦人科医会会長)の基調講演に始まり、日本医師会常任理事の今村定臣氏を座長としたシンポジウムでは、光田信明氏(大阪府立母子保健総合医療センター産科主任部長)、鮫島浩二氏(さめじまボンディングクリニック院長)、奥山眞紀子氏(国立成育医療研究センターこころの診療部部長) 、西澤哲氏(山梨県立大学人間福祉学部教授)の各シンポジストによる講義がありました。

児童虐待の現状は依然として増加傾向が続き、特に虐待による子どもの死亡を予防するためには、従来の早期発見・早期対応に加え、その発生を予防する取り組みが不可欠です。シンポジストからは、妊娠に悩む女性への具体的対応や、特別養子縁組制度や社会的養護の現状、妊娠中のメンタルヘルスについて等、様々な取り組みの発表や問題提起がありました。 周産期からの虐待予防の重要性、医療と福祉の連携の必要性など、社会全体で取り組むべき今後の課題について活発な意見交換がなされ、とても有意義なフォーラムであったと思います。

次回は、10月に東京で子ども虐待防止フォーラムを開催予定です。 一般市民を対象としたフォーラムですので、ぜひたくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。

 

日本子ども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会[ 2010年10月14日 10:59 ] イベント : from SBI子ども希望財団

平成22年11月27日(土)・28日(日) の2日間、熊本県立劇場(熊本市)において、"日本子ども虐待防止学会第16回学術集会くまもと大会"が開催されます。 「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)を巡る諸問題」、「虐待防止問題における児童相談所の役割」「里親制度を巡る問題」「被虐待児の脳の発育」はじめ、シンポジウム、講演、分科会、一般演題ほか多彩なプログラムが用意されています。

 ぜひたくさんの方にご参集いただき、子どもの虐待防止のために共に考え、語り合う場としていただければ幸いです。
詳しくはこちら→ http://jaspcan.umin.jp/

SBI大学院大学公開セミナー「気づく・救う・防ぐ~子どもの虐待~2010」[ 2010年10月14日 10:44 ] イベント : from SBI子ども希望財団

子ども虐待は近年増加傾向にあります。残念ながら生命にかかわり重大な事件としてニュースに取り上げれれることが、日常的に発生し、社会全体で取り組まなければいけない重要な課題となっています。本講座は、公益財団法人SBI子ども希望財団、横浜市立大学、SBI大学院大学が共催で、専門家の先生をお招きして、「子どもの虐待」問題への理解を深めていただく目的で開催いたします。

第一部では、子ども虐待・ネグレクトの実態と、子どもの身体や脳に残された傷について解説し、併せて虐待に追い詰められる親の心理とはどのようなものかについて、法医学の立場からお話いただきます。

第2部では、産後うつ病の早期ケアについて取り上げます。産後うつ病は世界中どこでも一定の割合で、出産後の母親に見られ、重症化すると赤ちゃんの世話ができなくなってしまう病気ですが、適切なケアや治療で必ず治ります。子ども虐待予防の観点から、産後うつ病への保健医療の取り組みの現状と、家族や友人にできるサポートについてお話いただきます。

「子ども虐待 」(講談社現代新書)  西澤 哲 (著)[ 2010年10月14日 10:38 ] 書籍紹介 : from SBI子ども希望財団

「子ども虐待 」(講談社現代新書)  西澤 哲 (著)


本当に大事なことは?第一線の専門家が語るむごい事件の報道が相次ぎ、子供虐待についての社会の関心は高まっている。20年以上、心の専門家として臨床や支援機関の現場で活動してきた著者による必読の書
(10/16発売、価格¥777)

公益認定に関するお知らせ[ 2010年3月 2日 19:04 ] ニュース : from SBI子ども希望財団

SBI子ども希望財団は、平成22年3月1日付にて公益財団法人へ移行し、法人の名称も「公益財団法人SBI子ども希望財団」となりました。

平成20年12月より公益法人制度改革3法が施行され、当財団は公益財団法人への移行を目指し、内閣府公益認定等委員会宛申請書を提出していましたが、この程内閣総理大臣より公益財団法人としての認定があり、新たにスタートいたしました。

今後は、これまで以上に児童福祉の向上に寄与できるよう、寄附事業や研修事業等を中心に公益財団法人の名に相応しい活動を進めてまいります。

オレンジリボンキャンペーンについて[ 2009年10月26日 18:55 ] イベント : from SBI子ども希望財団


毎年11月は、オレンジリボンキャンペーン月間です。

児童虐待防止法が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」として、児童虐待防止のための広報・啓発活動などの取組を集中的に実施し、 家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題に対する深い関心と理解が得られるよう、民間団体や国・地方公共団体が協働して取り組んでいます。

SBI大学院大学との共催による公開講座の開催について[ 2009年9月 1日 18:48 ] イベント : from SBI子ども希望財団

この程、SBI大学院大学と連携して、公開講座として教養セミナーを開催することとなりました。テーマは「気づく・救う・防ぐ~子どもの虐待~」です。
11月の子どもの虐待防止の啓発活動としての「オレンジリボン・キャンペーン」を前に企画いたしました。 平成21年10月31日(土)14:00~17:00 横浜市のSBI大学院大学にて開催いたします。

詳細については添付のPDFファイルをご参照下さい。 お申し込みはSBI大学院大学宛にお願いいたします。

SBI大学院大学公開講座2009年度教養セミナーのご案内 (PDF)
http://www.sbigroup.co.jp/zaidan/information/pdf/0825_a.pdf

オレンジリボン運動「公式ポスターデザインコンテスト2009」の(財)SBI子ども希望財団賞[ 2009年8月 1日 19:02 ] 活動報告 : from SBI子ども希望財団

2009年7月31日 オレンジリボン運動「公式ポスターデザインコンテスト2009」の(財)SBI子ども希望財団賞が決定しました。  
子どもの虐待防止の啓発活動であるオレンジリボン運動については毎年SBIグループを挙げて取り組んでいますが、この程「公式ポスターデザインコンテスト2009」を行い、その入賞者が決定しました。 当財団が提供した、「(財)SBI子ども希望財団賞」として、横浜市在住の八下田佳純さんが入賞となりましたので、その作品を掲示いたします。
その他の入賞者については、オレンジリボンの公式サイトよりご覧下さい。 http://www.orangeribbon.jp/contest/21.html