お知らせ

【 ニュース 】

本『施設で育った子どもたちの居場所「日向ぼっこ」と社会的養護』[ 2009年8月 3日 19:23 ] ニュース : from 日向ぼっこ

お知らせがすっかり遅くなってしまいましたが、
2年間温めてきた本がついに明石書店さんより発刊されました!

タイトルは『施設で育った子どもたちの居場所「日向ぼっこ」と社会的養護』。 名前の通り、社会的養護の下で生活していた人たちのことや、社会的養護そのものを、多くの方にご存知頂きたく日向ぼっこの仲間たちで執筆しました。 定価は税込1,680円です。

☀☀☀☀☀☀目次と内容のご紹介☀☀☀☀☀

第1章 ひとりぼっちじゃない。そう思える居場所を ―日向ぼっこのこれまでや今について、渡井が書き下ろしました

第2章 親と暮らせない子どもを支える仕組み――社会的養護Q&A ―社会的養護についてご理解頂くためにQ&A方式でご説明

第3章 私が暮らした施設、そしていま施設に希望すること ―日向ぼっこの理事4名が、書き下ろしました

第4章 日向ぼっこにのぞむこと、日向ぼっことできること ―日向ぼっこを応援してくださっている方々からお寄せ頂きました

第5章 座談会●「生きているのも悪くない」と思える社会を ―第6回座談会の様子です

☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀☀

色んな育ちがあることをご存知頂けるよう、そして社会的養護に関心を持つ方が増えるよう、多くの皆様にご高覧頂ければ幸いです。 

Amazonからですと、送料無料でご購入いただけます。
在庫がそれほどないようですが、よろしければどうぞご活用ください☆

なお、印税収入は日向ぼっこの活動資金として活用させて頂きます。